2006.11.09

ロミオとジュリエットのもとネタ?

この映画の宣伝コピーで「はて?」と首をかしげたのが「『ロミオとジュリエット』の原点となった史上最も美しい悲恋物語」という文。 初めて聞いたぞ。そんなこと。以下サイトから引用。 (公式サイトがFlashでテキストのコピペができなかったので、見ながらテキスト入力しました。誤字脱字があった場合はすべて管理...

» 続きを読む

| | コメント (4)

2006.11.05

手首をなくした王

トラックバックをいただいたデコデコマンさんの「デコ親父はいつも減量中」のエントリー、トリスタンとイゾルデ−(映画:2006年134本目)−が大変おもしろかった!! 主人公二人の関係の例3つには、読みながら爆笑です。 このエントリーはおもしろいだけでなく、わたしがスルーしてしまっていた重要なポイントが...

» 続きを読む

| | コメント (7)

2006.11.03

ドナカー王の城はどこ?

アイルランドのドナカー王の城(というか砦?)はどこあるのか?? 映画では地図が一瞬しか出てこないし、スペルも読み方もよくわからなかった。Dで始まるのは覚えていたのだが、ダブリンじゃ北過ぎるよなぁと思って、物語アイルランドの歴史に出てるアイルランドの地図を見てみた。 すると、南の方にダンガーヴァンとい...

» 続きを読む

| | コメント (4)

5、6世紀頃のアイルランド

前回書くといったものの、実はこの頃のアイルランドってすごく資料が少ない!! まだ不明なことも多いです。 関連エントリー:5、6世紀頃のイングランド なんで資料が少ないかというと、これまたローマとの関わりの問題。紀元前55年ごろから征服が始まって、西暦410年までどっぷりローマ化したイングランドは、ロ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2006.11.02

5、6世紀頃のイングランド

見た直後の感想でも書いたけど、この映画で「イングランド」と「アイルランド」の関係が気になった。 映画を見て、あれが史実だと思う人がいると困る(※1)ので、5〜6世紀のブリテン諸島の様子を映画と絡めて書いてみる。 ※1 たぶん生きていく上での必須知識ではないから(笑)だれも困らないような気もするが、中...

» 続きを読む

| | コメント (2)

お城の抜け道ばなし その2

関連エントリー:お城の抜け道ばなし その1 お城の抜け道に関するツッコミでもう一つ。 この抜け道は、トリスタンとメロートとサイモンという幼なじみ三人が、大人になった時に発見する。 これすごく疑問なんだけど、なんで「子供のときに発見する」にしなかったのかなぁ? 大人でしかも三人とも戦士なんだから、この...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2006.11.01

お城の抜け道ばなし その1

映画の中で、二人の密会に、敵の侵入に、トリスタンの決戦用に、と何度も使用されるお城の抜け道。ローマ時代の遺跡の上に建てた城らしいく、この向け道もローマ時代のものらしい。近所にローマの遺跡やらもある(密会場所になってる) 最初にこの抜け道が出てきた時、「お、グロッタか!」と喜んだのです。 上げ蓋揚げた...

» 続きを読む

| | コメント (0)

「トリスタンとイゾルデ」見た直後の感想

ミクシィにあげた、見たその日の感想を転載します。 けっこう辛口(^^;) ---- まず一つ! 媚薬使わないならせめて婚前交渉はやめろ…orz 初夜問題(※1)どうやってクリアしたんですか、イゾルデ!? ブラグウェンにあたるのは、映画では乳母ブラーニャだがおばさんだし、多分未亡人なので当然この役は果...

» 続きを読む

| | コメント (2)

主人公は不死身!

モーホルトの毒の付いた剣で意識不明になったトリスタン。死んだと思った(あるいはすぐ死ぬと思った)仲間達は、船葬用の船にトリスタンを乗せ海に流す。涙ながらに丘の上から船に火矢を放つ仲間達。(※1)船に火が付き、炎の中横たわる青ざめたトリスタン…。 ※1 船葬はバイキングの習慣。10世紀ごろのアラブ商人...

» 続きを読む

| | コメント (0)

中の人のこと

ハンドル:みん(おのうちみん) アーサリアン(アーサー王伝説マニア)で中世騎士物語大好き。ただしどっちかというとトリ&イズ、ランス&グェンみたいな愛の世界より、騎士の冒険と友情が好みの腐女子。 ほったらかしのアーサー王サイト:アヴァロンの水辺 時々更新してる時事ネタ系ブログ ジェンダーSF研究会会員...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«このブログについて