« お城の抜け道ばなし その1 | トップページ | 5、6世紀頃のイングランド »

2006.11.02

お城の抜け道ばなし その2

関連エントリー:お城の抜け道ばなし その1

お城の抜け道に関するツッコミでもう一つ。
この抜け道は、トリスタンとメロートとサイモンという幼なじみ三人が、大人になった時に発見する。

これすごく疑問なんだけど、なんで「子供のときに発見する」にしなかったのかなぁ?

大人でしかも三人とも戦士なんだから、この抜け道が城の防衛上すごく重要なものだってわかるはずでしょ。そんな重要な情報を、おまいらなぜ城主のマーク王に伝えないんだぁぁぁぁぁ(エコー)

マーク王が知ってたら、絶対対策してただろうと思う。敵に見つかったら大変だし、いざというときの逃げ道にするにしても、外からは入れないで、中からだけ開けられる鍵をつけただろうなぁ。
まったくおまいら三人、血の気と性欲だけかよ!と突っ込むわたしだった…orz


子供の頃に遊んでて抜け道を見つけたのだったら、三人で内緒にしてしばらくは遊んで、成長する間に忘れちゃったのだろう。
トリスタンはイゾルデと密会するために思い出したが、防衛上の問題だとわかっていても、どうしてもマーク王に言い出せなかったというのもわかる。メロートが忘れていたのも自然だし。
なにより親をなくした寂しい少年たちの子供の頃の遊び場に、後年彼女を連れてくるって設定は、それだけでみなさん萌えるでしょう!!(笑)
せっかくの萌えポイントなのに残念です〜。

|

« お城の抜け道ばなし その1 | トップページ | 5、6世紀頃のイングランド »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。