« 手首をなくした王 | トップページ

2006.11.09

ロミオとジュリエットのもとネタ?

この映画の宣伝コピーで「はて?」と首をかしげたのが「『ロミオとジュリエット』の原点となった史上最も美しい悲恋物語」という文。

初めて聞いたぞ。そんなこと。以下サイトから引用。
(公式サイトがFlashでテキストのコピペができなかったので、見ながらテキスト入力しました。誤字脱字があった場合はすべて管理人みんの責任です)

『ロミオとジュリエット』の原点となった史上最も美しい悲恋物語
あなたはしっているだろうか? シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』の元になった悲恋の物語が存在していたことを。その禁じられた愛の物語は、1500年前にケルトの伝説として誕生。依頼、時代と国境を越えてヨーロッパの人々を魅了し、宮廷詩やアーサー王伝説の一部として語り継がれていった。これを元に、シェークスピアは悲恋物語の最高傑作を執筆。さらに19世紀には、リヒャルト・ワーグナーが、類い稀な和音の旋律に彩られたオペラを誕生させた。まさに至高の芸術の原点となった至高のラブ・ストーリー。それが『トリスタンとイゾルデ』だ。

ソース:映画『トリスタンとイゾルデ』公式サイト

わたしはシェークスピアも大好きですが(一番好きなのは「リチャード三世」)、トリスタン物がシェークスピアに影響を与えてるというのは、初耳だ。そりゃ古い作品が影響を与えるのは当然だが、この件に関しては影響は薄いと思う。

というのも、中世にヨーロッパ中で大流行した、アーサー王物、トリスタン物、ニーベルンゲン、ローエングリン、ローラン、エル・シド、などの騎士物語は15世紀末ごろから、印刷術の発達とルネッサンスの勃興と並行して、急速に廃れてしまったという事実があるから。本当に見事なくらい人気が落ちた。現存する騎士物語の多くが手書きの写本で、印刷本の数が少ないのも、当時の需要を反映しているのでしょう。

なぜ騎士物語の人気ががくんと落ちたのか?

  • 戦争技術の発達、弓、槍、なかんずく火気の登場で戦争の主役は甲冑に身を固めた騎士から軽装の歩兵に代わったこと。勇壮な騎士の一騎打ちというのにリアリティが減り、騎士道そのものに対する大衆の魅力も減っていった。
  • 経済状況の変化。ブルジョアという市民階級の勃興で富が移動したこと。国王や貴族が借金もちになり、資本を転がす商人や業者のほうが金持ちになる。それに伴い文芸の読者層が広がり、新たな読者は起源神話めいた神秘英雄より実在の王様の話や身近なネタをもとめるようになった。
  • 東ローマ、ビザンツ帝国の崩壊後、ビザンツが所有していたギリシャ起源の物語や文書などが大量に西ヨーロッパに入ってきたこと(西ヨーロッパでは西ローマの崩壊でギリシャローマの伝統が一旦途絶えていた)。結果アーサー王よりアイネイアスやヘクトルの話のほうがトレンディになった。
  • 宗教改革の流れが起こり、ローマのカトリック教会と教皇権が衰退したこと。聖杯伝説に代表されるように騎士物語は神秘主義的色合いの強いキリスト教。交通や経済の発展で世界が大きく広がり、神秘より論理、幻想より写実へ向かう流れが始まったこと。

などが考えられる。
もちろん当時は情報の伝達スピードが遅いので、現在に比べたら変化もゆっくりだが、騎士物語、幻想物語の需要は確実に減っていった。

騎士道物語の最後の作品「ドン・キホーテ」(前編1605、後編1615年)は当時大ベストセラーになったが、この作品は騎士道物のパロディで、現体制への批判を含んだ風刺文学であり、従来の幻想を主体とする物語とまったく異なる。(※1)

これら幻想的な騎士道物語が発掘、再評価され再び人気が出るのは19世紀になってから。

シェークスピア(1564-1616)は16世紀から17世紀にかけての人だから、丁度騎士物語の人気がなかった時代にあたる。
彼は劇作家で、つまり客のいる人気商売。当然ながら当時の観客の需要にあったものを書いたはず。当時トリスタンものが出回っていたかどうか不明だが、この時代の人から見れば古式騒然の時代遅れの物語に見えただろう。

※1 「ドン・キホーテ」の作者セルバンテス(1547-1616)はシェークスピアと同時代の人。しかも没年も一緒。

シェークスピアの作品はほとんどにタネ本があることが知られている。

「ロミオとジュリエット」(初演1595年)の場合は、オイディウス(紀元前43年-紀元17年)の「変身物語」に入っている「ピュラモスとティスベ」が原型といわれている。
「ピュラモスとティスベ」は「真夏の世の夢」(初演1592年)の劇中劇でも使われているので、シェークスピアが知っていたのは確実。
物語の内容:ピュラモスとティスベ―オウィディウス

ただしこの物語は、仲たがいの家の恋人とすれ違いが生む悲劇という構造は似ているが、登場人物も恋人二人とライオンくらいしかいない。

15世紀にイタリアのナポリで出版された本が現在のロミジュリにかなり近いらしい。
以下ウィキペディアから引用

ロミオとジュリエットの物語の成立は、西欧の民間伝承やギリシャの古典物語に端を発している。ナポリにて1476年に出版されたマスチオ・サレルニターノ作の小説集には、シェイクスピア作『ロミオとジュリエット』の原型と思われるエピソードが登場する。その物語中には、修道士の仲介、計略が失敗する過程など、シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』に近いモチーフが含まれている。ただし物語の舞台はシエナで、恋人達の名前はマリオットとジアノッツァである。

ソース元:ロミオとジュリエット 物語の成立と変遷(ウィキペディア)

この後何度かイタリアの作家によって翻案され、1562年に英語訳が出版。この英訳を元にアーサー・ブルックが書いた物語詩「ロミウスとジュリエットの悲しい物語」(1562年)が、シェークスピアの直接のタネ本となる。

オイディウスから15世紀イタリアの作品までに、どのような変遷があったかは不明だが、オイディウス自体がトリスタン物に影響を与えた可能性は高いと思う。
しかし、ロミジュリの原型の物語が、トリスタン物に影響を与えたとして、それをもってロミジュリのもとネタがトリスタンとは、どうしてもいえないよなぁ(^^;)

わたしはトリスタンもロミジュリも、オイディウスに影響された別系統の物語だと考えている。
トリスタンもロミジュリも、オイディウスという土台を部分的に使って、オイディウスだけでなくそれぞれいろんな伝承や地域の風俗を取り込んで、今残っている形になったということ。

結局、シェークスピアが「ロミオとジュリエット」を書くにあたって、「トリスタンとイゾルデ」の影響が無かったといえないが、同時にあったともいえない。
そもそも400年も前の作品にもとネタ争いなんてナンセンスだが、今回の映画会社の宣伝コピーはかなり黒に近いグレーな(虚偽性の強い)コピーに感じた。

わたしはシェークスピアがアーサー王の芝居を書いてくれてたら、悲劇だろうと喜劇だろうと、さぞおもしろいものになっただろうと思う。だが実際にはシェークスピアが書いたのは、イングランド史を扱った史劇とギリシャ・ローマ・イタリアの話を使った喜劇・悲劇で、中世のケルトやブルターニュ物を起源に持つ作品は皆無だ(※2)。
「ハムレット」がデンマークの話で中世北欧起源なことと、「リア王」の原型がモンマスの「ブリタニア列王史」に出ている「レア王」なことくらいが中世の残滓を残しているが、「ハムレット」も「リア王」も一民族の伝説を越えて普遍的な悲劇(何度も時代や場所を変えて翻案されている)になっている。

※2 真夏の世の夢のタイタニアとオベロンの妖精カップルはケルトぽいところもあるが、これは飼いならされたケルトというか、中世の騎士物語のさらに原型にあった、不条理で時に恐ろしい人智を超えた力のようなものは感じられない。技術の進歩によって人間が世界(自然現象)を飼いならし始めたことで、神々や精霊は、害の少ない妖精に変化していったのだろう。

注1:エントリー中の生没年、出版年、上演年については異説もあります。
注2:「トリスタンとイゾルデ」が「ロミオとジュリエット」の元になったとする根拠は、わたしには見つけられませんでしたが、可能性が無いわけではないですので、情報、仮説をお持ちの方はコメント欄にてお寄せ下さい。ぜひ情報おまちしてます!

|

« 手首をなくした王 | トップページ

コメント

みんさん
TB・コメントどうもです。
イゾルデ役のソフィ・マイルズはアンダーワールドに
出演されていたそうですが・・・・。観ていないの
でどんな役で出ていたのかな?期待の若手女優らしいです。

投稿: mezzotint | 2006.11.10 15:31

はじめまして。
TB&コメントありがとうございました。
どこが元ネタなんだろうと不思議ではあったのですが、
そうともそうでないとも言える微妙なところなんですね?

投稿: Qchan | 2006.11.10 17:30

トラバ・コメントありがとうございます。

イゾルデ役のソフィ・マイルズは「アンダーワールド」に出演してましたよ。
役柄はヴァンパイア(吸血鬼)の小娘役でした。

投稿: ひらりん | 2006.11.10 23:35

>mezzotint さん
いらっしゃいませ〜。
「アンダーワールド」はゴスで、映像がスタイリッシュでカッコいいですよ。
スートーリーには少々穴ありますが、それを補うかっこよさです。

>Qchanさん
いらっしゃいませ〜。
ストーリー似てるといえば、共通点はありますが、やっぱり微妙です。
それだけ「トリスタンとイゾルデ」の知名度が低いということなんだと思いますorz
ロミジュリでも出さないと客が呼べない〜〜(-o-;)

>ひらりんさん
いらっしゃいませ〜。
情報ありがとうございます!
>役柄はヴァンパイア(吸血鬼)の小娘役でした。
おお!あのゴス娘達の一人でしたか。ビデオ屋で借りて確認してみます。

投稿: みん | 2006.11.11 13:50

この記事へのコメントは終了しました。

« 手首をなくした王 | トップページ